任意整理とその後ブラックリストについて※弁護士へ相談する費用は?

任意整理とその後ブラックリストについて※弁護士へ相談する費用は?

任意整理とその後ブラックリストについて※弁護士へ相談する費用は?

任意整理を行い、完済を果たすと心も晴れることでしょう。しかし、その後どのような不都合があるのか、気になることもあるのではないでしょうか。
任意整理を行うと、信用情報機関に債務者のネガティブ情報が載るため、完済後も5年ほどは、クレジットカードやローンカードなどを作ることができなくなります。
5年を経過すると、金融業者の審査が徐々に緩和されていくでしょう。その後、クレジットカードなど発行してもらえた場合は、使用分の返済をきちんと行っていくことで、信用を積み上げることができます。
住宅ローンなどの大きな金額が必要になる場合は、より難しくなります。5年経過したからといって、すぐに審査が通ることはないでしょう。
どうしてもローンを組みたい場合、いくつか方法はありますが、審査基準が各会社で違うため確実ではありません。また、安定した収入が絶対条件になります。

任意整理を行ったとしても、回収した過払い金で完済できた場合は、信用情報機関に情報が載らないこともあります。この場合では、審査に影響しないことがあります。信用情報機関に載っているかどうかは、個人で調べることができます。
以上のことから、もしも、現在借金を持っており、滞りなく返済しているものの限界が差し迫っている場合は、すぐに任意整理の相談を行いましょう。任意整理以外の返済方法がある場合があります。また、任意整理から完済までをスムーズに行い、その後のデメリットを低減させることができるかもしれません。