任意整理と任意売却についてメリット・デメリット※費用やその他

任意整理と任意売却についてメリット・デメリット※費用やその他

任意整理と任意売却についてメリット・デメリット※費用やその他

住宅ローンを利用する時は銀行からお金を借りることになりますが、銀行は対象となる不動産を抵当権に設定をします。
この抵当権はいわゆる担保であり、ローン返済が出来なくなった時抵当権を利用して、裁判所を通じて不動産を差し押さえ出来る権利を持っているのです。
不動産が差し押さえされることで競売にかけられる準備が開始されている事になり、競売で処分されてしまうと市場価格を大きく下回る額で処分されてしまうのです。

これを事前に防ぐ方法として存在しているのが任意売却です。
任意売却と言うと任意整理と同じ?とイメージする人も多いものです。
最近は電車の中などの広告などでも任意整理と言った言葉を見かけることが多いので、任意整理と任意売却は同じなのでは、とイメージする人も多いのです。

任意整理は債務整理の方法の1つであり、任意売却は不動産を自らの意思で売却する事、競売にかけられる前に行うなどの特徴を持ちますのでどちらも違うものなのです。
但し、この二つには共通点が1つあります。
それは任意と言う言葉が付いている事からも、自ら行うと言う事なのです。

債務整理には任意整理以外にも個人再生や自己破産、特定調停と言った方法が有りますが、これらは裁判所を通じて手続きを行う債務整理なのです。
これと同じく、任意売却は競売にかけられる前に行う方法であり、裁判所を通さず、一般的な不動産会社に対して売却を依頼することが出来ると言う、裁判所を利用せずに行えると言う共通点を持っているのです。