任意整理の方法と完済後について【※弁護士と司法書士どちらがいい?】

任意整理の方法と完済後について【※弁護士と司法書士どちらがいい?】

任意整理の方法と完済後について【※弁護士と司法書士どちらがいい?】

任意整理は弁護士や司法士書士などの法律家に依頼をする事で債権者と話し合いをしてくれて、借金を減額したり将来の利息を減らせる事が可能になり、残った債務を一定期間の中で返済をすると言う、返済能力が有る人が任意整理が可能になると言う特徴を持っています。

任意整理をする事で信用情報機関に任意整理などの債務整理をしたことが記載されることになりますので、一定期間の中での融資を受ける事などは出来なくなりますが、信用情報機関に登録される情報と言うのは手続きを行った日から5~7年後には自動的に消滅することになりますので、新たな融資を受けることも可能になるのです。

任意整理では残った債務を一定期間の中で返済をしていく事になるのですが、完済後でも信用情報機関に記録がそのまま残されていれば新たな借入などをする事は困難になります。

尚、任意整理をする時、過払い金の返還請求を行い、取り戻せた過払い金だけで借金を完済した場合、完済後は信用情報機関に記録が残されないケースも多くあります。
この場合は、借金完済後であれば任意整理をしても新しい融資を受けることも可能になるのです。

尚、完済後自分の情報が信用情報機関に登録されているかどうかを調べることも可能になっているのです。
これは本人開示制度と呼ばれるもので、自分がブラックの状態になっているのかどうかを調べることが出来るようになっているもので、本人開示を行ってブラックの状態になっていなければ直ぐに新たな借入を行う事も可能になるのです。