任意整理する条件とは?※知って得する債務整理の豆知識

任意整理する条件とは?※知って得する債務整理の豆知識

任意整理する条件とは?※知って得する債務整理の豆知識

任意整理は債務整理の中で最も軽微なものですが、行うためにはいくつかの条件が存在します。例外はあるものの、原則として3~5年以内に返済できる見込みがある人に対して任意整理の許可がおります。つまり安定した収入があることが必須条件です。自己破産などと比べた場合に、借金が全額免除されるなどの大きな負担の減少にはなりませんが、その分かかるデメリットも少ないというメリットがあります。
基本的に弁護士などの専門家と共に相談しながら手続きすることになり、例えば利息の引き直し、利息のカットなどが期待できます。ただし任意整理はその名の通り「任意」で行動することです。この任意は債権者に当てはまることであり、法的効力は一切発生しません。そのため、債権者との交渉が決裂してしまうことも十分考えられることです。当たり前ですが、債務者に対しても任意であることがいえ、任意整理をするための条件としてもちろん債務者に対して返済の意思があることが必要です。
弁護士などが介入した場合には多くの場合交渉が決裂することは稀ですが、万が一交渉がまとまらなかった場合には任意整理を行うことはできません。ほぼありえないことですが、利息カットや引き直しなどの条件を和らげた場合にも交渉が決裂した場合には自己破産等、他の債務整理方法を選択することになります。ただし、自己破産では債権者に対するデメリットが多すぎるため、まず交渉が決裂するような事態にはなりません。