任意整理後の影響について【※安く法律事務所で相談する方法】

任意整理後の影響について【※安く法律事務所で相談する方法】

任意整理後の影響について【※安く法律事務所で相談する方法】

キャッシングが、手軽に出来るようになり多くの人がキャッシングを利用するようになりました。
手軽で利便性が高い反面、お金を借り過ぎてしまう人が増えています。
借金問題は、なかなか人に相談出来ず一人で悩んでいる人が多いです。
借金を抱えている人の中で、法的救済措置がある事を知らない人が多いです。
法的救済措置の中で一番多くの人が、利用しているのが任意整理です。
任意整理とは、裁判所を通さずに借金を減らして賃金業者との和解をする手続きの事です。
具体的には、弁護士や司法書士などの専門家に賃金業者との交渉を行ってもらい利息や元本を減らしてもらい、当初の借金の額を少ない金額で毎月返済していく事になります。
任意整理を行うと借金の金額が、減額されますので以前より生活にゆとりが出て来ます。
しかし、メリットだけではなくデメリットもあります。
それは、ブラックリストと呼ばれる信用情報機関に掲載されてしまいます。
この信用情報機関に掲載されてしまうと、住宅ローンなどのようなローンが組めなくなってしまいます。
もし、住宅を購入したくなっても住宅ローンが組めず現金で購入しなければいけません。
しかし、この信用情報機関に掲載されるのは、5年から7年といわれています。
5年から7年の年月が経って信用情報機関から削除された後に住宅ローンを申し込めば通過する可能性が出て来ます。
デメリットはありますが、借金が減額されて生活が楽になる事を考えれば任意整理はメリットの方が大きいです。