任意整理のデメリットはどんなこと?【※債務整理完全マニュアル!】

任意整理のデメリットはどんなこと?【※債務整理完全マニュアル!】

任意整理のデメリットはどんなこと?【※債務整理完全マニュアル!】

多くの場合任意整理後は通常通りに生活するときの影響は多くの人が思っているよりよほど少ないものです。まず第一に信用情報機関と呼ばれる個人の信用を管理する機関のブラックリストに登録されます。このブラックリストは個人のお金の借り入れや車や不動産のローンを組む際に参照されるので、審査に落ちやすくなるというデメリットが存在します。無論登録されるのは債務整理をした本人だけであり、保証人である場合を除いて任意整理後に家族等の生活に影響を与えることはありません。
ブラックリストは債務整理の方法にもよりますが、5年~10年で登録は抹消され、その後は通常通りに貸金業者やローンを利用することができます。次に官報公告と呼ばれる国の広報誌で債務整理した人の情報が記載されます。とはいえ官報公告を通常の人が見ることは大変稀であり、多くの人はその名前すら聞いたことがありません。基本的に友達や会社の同僚などに債務整理をしたことがバレることはありません。
保証人がいる場合には保証人の生活には大きな影響を与えてしまいます。保証人がいる際には任意整理後に最も大きなデメリットといえます。とはいえ任意整理の場合には他の債務整理のときの場合に比べ保証人に対する責務を少なくて済みます。具体的には保証人も一緒に任意整理を行うことがお勧めです。これにより保証人は返済義務を免責されることになります。ただし、もちろん保証人に対しても信用情報機関のブラックリストに登録される等の小さなデメリットは発生してしまいます。