任意整理にかかる費用について※借金無料相談についてはこちら!

任意整理にかかる費用について※借金無料相談についてはこちら!

任意整理にかかる費用について※借金無料相談についてはこちら!

多重債務をかかえた者がその債務の弁済が困難になった場合は債務整理をおこなうことになります。債務整理の方法のうち、債務者が裁判所を介さずに債権者と交渉して、債務の弁済方法の変更や債務の一部免除を図る方法は「任意整理」と呼ばれています。
任意整理を選択する債務者の多くは、弁護士に事案の処理を依頼しています。実際に債権者から債務の弁済方法の変更や債務の一部免除を勝ち取るには、法律に関する知識や交渉能力が備わっていなければならないからです。弁護士に依頼する場合は当然、その弁護士に一定の料金を支払わなければなりませんが、この料金はどのようになっているのでしょうか。
弁護士に法律に関する事案処理を依頼すると、着手金と報酬金が発生します。着手金は事案の成否に関係なく、事案処理を依頼した段階で支払う費用のことで、報酬金は事案処理の終了後に結果に応じて支払う費用のことです。任意整理の場合、報酬金はさらに成功報酬、減額報酬、過払い報酬の3種類に分けられます。成功報酬は債権者との交渉によって何らかの成果が出た場合に支払う報酬金で、減額報酬は交渉によって債務の圧縮に成功した場合に支払う報酬金、過払い報酬は交渉によって過払い金を取り戻すことに成功した場合に支払う報酬金です。
任意整理における弁護士費用のシステムは弁護士事務所によって様々です。例えば、ある弁護士事務所では着手金を無料にした完全成功報酬制を導入していたり、別の弁護士事務所では交渉する債権者の数が多いほど1債権者あたりの着手金と成功報酬を安くしていたりします。任意整理の依頼先を選ぶ際には、料金体系をしっかり見極めることも重要です。