任意整理後にカードを利用したいけど...※正しい債務整理の方法

任意整理後にカードを利用したいけど...※正しい債務整理の方法

任意整理後にカードを利用したいけど...※正しい債務整理の方法

任意整理を行うことで、借金の残りを返済可能な金額まで圧縮し、無理のない返済を行っていくことができますが、その一方で任意整理後のデメリットとなるのが、ローンやクレジットカードの利用ができなくなることです。
債務者が任意整理を行ったという事実は信用情報機関に登録される為、和解交渉を行った貸金業者と新規取引ができなくなるだけでなく、その他の正規金融機関からの融資も制限されることになります。
現金を持たずとも買い物ができるクレジットカードは、現代社会において非常に便利な存在で、特にオンラインショッピングなどでは重宝される為、任意整理後しばらくの間カードが使えないという状況を嫌う人も多いですが、そもそも多重債務に陥ってしまった原因が、クレジットカードの便利さに溺れてしまったことによる浪費、という人も少なくありません。
そういった背景から、任意整理後にすぐ通常通りクレジットカードやローンが利用できたとすれば、債務者の生活再建の大きな妨げとなってしまいます。
債務整理も2回、3回と繰り返してしまうと当然ながら条件も厳しくなっていってしまうので、その意味では多重債務の繰り返しを防止することができるクレジットカードの利用制限は利点であると言えます。
任意整理後にクレジットカードが使用できない期間は一般的に5年程度です。
この期間に安易に借金に頼らない生活を身に付け、制限が解けた時には計画的な利用を心がけるようにしましょう。